頭皮が臭い女

フケが気になる!その原因は?

フケというと、どうしても不潔なイメージが付いてしまい女性は特に気になりますよね。

 

私もフケにはとても悩まされていて、フケが目立たないようにカラーリングで誤魔化したり
黒い服をなるべく着ないようにしていました。

 

ですが、フケというのは単に髪を洗わないから発生するばかりではなく髪を洗いすぎるから発生するフケもあるのです。

 

まずは、『乾性フケ』と『脂性フケ』の2種類のフケの原因と対処法を見ていきましょう。

 

 

 

 

〜乾性フケの原因と対処法〜

 

乾性フケの直接の原因は頭皮の乾燥からきています。

 

そして、その頭皮の乾燥の原因は、水分量の低下が原因
頭皮が乾燥して皮膚が剥がれた結果、頭皮が荒れ、荒れた頭皮にかゆみやフケが発生しやすくなるのです。

 

 

水分が不足する原因は

 

  • 皮脂の分泌量がそもそも足りない
  • 皮脂の分泌量は普通だが除去しすぎ
 の2つがあります。

 

 

1日2回のシャンプーや40度以上のお湯を使って洗い流すのは要注意!
髪に必要な皮脂までも洗い流してしまい頭皮を守るバリア機能が損なわれてしまいます。

 

 

 

季節の変わり目やオフィスなどのエアコンによる空気の乾燥も気をつけましょう。

 

空気中の湿度が下がると、それに比例して角質層の水分量が減少し、頭皮の表面から水分が失われやすい状況になります。

 

 

対策としては、帽子を被り乾燥から守ったり、湿度を気にして加湿器を使うなど適度な湿度を保つ工夫を心がけましょう。

 

潤いを外部から取り入れるのも効果的でローションで保湿し、マッサージで頭皮の血行をよくしたりコラーゲンなどで体を潤すことを重視して、コラーゲンを食事やサプリメントから摂取するのも1つの手です。

 

 

 

 

 

〜 脂性フケの原因と対策 〜

 

脂性フケの特徴は頭皮がベタっとしているところが見られます。
また、皮脂の分解物が毛穴に詰まり、ニキビや炎症、ひどい時には抜け毛も引き起こしてしまうなどいろいろと厄介なタイプのフケです。

 

脂性フケの原因は皮脂の出すぎですが、そうなる原因は、もともとの体質だけではなく
外部からの刺激や食生活なども原因として考えられます。

 

 

まずは、適度に皮脂を落とすことから始めましょう。

 

しかし、フケを気にするあまり何度もシャンプーをしてしまうと頭皮の皮脂を奪い過ぎてしまい
頭皮は乾燥を防ぐために過剰に皮脂を分泌して悪影響です。

 

逆に、数日に1回のシャンプーでは頭皮に皮脂が蓄積され毛穴を塞ぎ炎症を起こしてしまうのでシャンプーは1日1回までにしましょう。

 

おしゃれを楽しむためにパーマをかけたり染めたり髪には色々な負担が掛かります。
パーマ液やカラーリング剤は頭皮への刺激を与え、それらによって頭皮環境が悪化し、脂性フケを引き起こします。

 

また、ワックスやジェルなどの整髪料は油分が多く含まれ、毛穴詰まりを招くこともあるので、脂性フケに悩んでいる方は、出来るだけパーマやカラーリング、整髪料を控えましょう。

 

 

肉や揚げ物、甘いものの取りすぎなども体の中の油分を増やし、それが頭皮の皮脂を分泌させます。

 

ラード、バター、ロースのお肉などの動物性脂肪や卵などのコレステロールには、皮脂分泌を促す飽和脂肪酸が多く含まれており、皮脂量が増える原因となります。

 

野菜や魚など日本食を意識した健康的な食事、バランスの良い食事を意識して取りましょう。