頭皮が臭い女

頭皮にニキビが出来てしまう原因

頭をブラッシングしているときなどに「痛っ!」って思ってみてみたらニキビが出来ていた。

 

そんな経験ありませんか?

 

頭皮は顔と同じ一枚の皮を共有しているので、顔と同じくらいデリケートだということを忘れてはいけません。しかも頭皮は顔に比べると毛穴の数も多く皮脂の出る量も顔よりも多いのでニキビのできやすい場所なのです。

 

 

普段から顔がベタつく脂性肌の方は頭皮にはもっと皮脂が出ている可能性があるので注意が必要です。

 

 

 

頭皮のニキビは毛穴付近のターンオーバーが正常に行われなくなると肌に残った角質により毛穴が塞がり、その塞がった中で増殖したアクネ菌により炎症が起きそれがニキビへと変化します。

 

 

顔よりも油分が多いからといって、シャンプーの回数を増やしてしまうと皮脂を落としすぎてしまいそれが返って落としすぎた油分を補おうと頭皮が皮脂を多く出してしまうので返って逆効果です。

 

シャンプーは1日1回だけにしてその中でしっかりと汚れを落としましょう。

 

 

ニキビが出来てしまった対策としては、まずは絶対にニキビを触らないでください!

 

炎症を起こし腫れ上がったニキビを刺激してしまうと症状がさらに悪化してしまうのでなるべく触らないでそっとしておきましょう。

 

 

 

また、ブラッシングも控え、髪を洗う時も爪を立ててはいけません。

 

ニキビを傷つけてしまうと傷口から雑菌が入り込んでしまいます、頭を洗うときは指の腹で優しくマッサージをして、シャンプーが残らないように十分にすすぐようにしてください。

 

 

髪を乾かす場合にはあまり高温で長時間かけ続けると頭皮の潤いが損なわれてしまうのでタオルで出来るだけ水分を取ってから短時間で乾かすようにしましょう。

 

そして、部屋でのエアコンによる乾燥も頭皮の水分を奪いニキビを作りやすくしてしまうので加湿器や濡れたタオルを干すなどしてなるべく乾燥から、頭皮を守るように工夫するとそれだけでもニキビ対策になります。

 

 

 

頭皮は地肌が硬くなってしまうと、そこに十分な栄養が行き届かなくなり、老廃物も出しにくくなりますなので、オイルを使ってのマッサージや適度な運動を心がけて血行を促進させ頭皮を柔らかくさせていくと良いですね。

 

 

頭皮が自分では硬いか柔らかいかわからない場合には頭を優しく掴んで(バレーボールをもつような感じで)前後左右に動かしてみてください。

 

動くようだったら大丈夫!動かないようであったら頭を洗う際に優しくマッサージをして
だんだんと頭を柔らかくしていき、ニキビの出来にくい頭を目指しましょう!