頭皮が臭い女

頭皮のかゆみの原因と対処法とは?

頭皮のかゆみは、色々な原因が絡まりあって引き起こされます。

 

頭の一部分だけかゆい場合は擦りすぎなどで頭皮が傷つき、そこから雑菌が入っている可能性がありますが、全体がかゆい場合には乾燥によるものかもしれません。

 

 

 

頭皮も顔と同じ一枚の皮膚です。顔の乾燥が引き起こされるように頭皮にも生活環境や本人の体の状態によって皮膚の状態も変わるのです。

 

 

 

一番かゆみの原因になりやすいのはシャンプーの時やシャンプー後のケアです。

 

シャンプーの時に気をつけておくべきなのは、爪をたてて洗ったり、40度を超える熱いお湯で流すことが頭皮に軽いやけどの状態を作り出し炎症を作り出す他、乾燥を引き起こしたり爪をたてて洗ったところが頭皮の角質層を傷つけてしまい、頭皮のバリア機能や水分保持力が低下しよけいにかゆみや乾燥を招いてしまうのです。

 

 

 

それから、私は以前はよくシャンプーの時に原液を直接頭皮につけて洗っていたのですが、原液が頭皮の毛穴の奥にまで入り込んでしまい、お湯で洗い流しても綺麗に洗い流せなくなってしまいます。

 

 

そして、毛穴の中に残ったままのシャンプーに含まれる刺激物で頭皮が荒れてしまい、炎症を引き起こして雑菌を呼び寄せかゆみを引き起こしてしまうのです。

 

コンディショナーも同様に『頭皮』ではなく『髪』を整えるものなので地肌にベッタリと付ける必要はありません。
シャンプーの時やコンディショナーの時には毛穴につまらない様、お湯で軽く溶いてから髪に付けましょう。

 

 

また、ブラッシングの際も頭皮を傷つける原因の一つなので、髪を洗う時と同じに地肌を傷つけ無いよう、優しくくしをあててください。

 

 

 

 

その他にも外部だけではなく、体内からの影響も考えられます。

 

お肌と同じように、頭皮も年齢を追うごとに蓄積される水分量が減っていきます。
女性の場合、保湿成分の分泌量は20代をピークに減少していくので、早いうちから頭皮の保湿を考えておくと良いでしょう。

 

乾燥を抑える食べ物ではビタミンAを含む食べ物を意識して食べることかゆみを抑える効果があります。
「トマト、人参、ほうれん草、緑黄色野菜、うなぎ、レバー」などがビタミンAがたっぷり入っていて頭皮のかゆみを抑えるほかにも乾燥やフケを抑えてくれる効果もあります。

 

 

 

食べ物でも補えきれない場合は外部から潤いを補ってあげると良いでしょう
頭皮専用のローションを使ったり、頭皮も顔と同じお肌の一部ですから化粧水や乳液を使うのも効果的ですよ。

 

 

 

付ける時にはヘッドマッサージがオススメです。
新陳代謝を高め、血行を改善出来れば頭皮のターンオーバーが促進されます。

 

ただし、クリームタイプは毛穴に詰まってしまう恐れがあるため避けましょう。

 

 

また、ジョギングやウォーキングといった運動も血行の改善に繋がるので、歩く時間を増やす、階段を使う機会を増やすなど日常に取り入れてみるのも良いですね。

 

不規則な生活やバランスの悪い食事、ストレスなどもターンオーバーを乱す原因になりますので生活習慣も健全に保つように努力しましょう。